むちうち

むちうちは交通事故でおこるものがほとんどになりますが、損害保険の関係もあり、回数通院すれば治療費がたくさんでるということで通院することが目的になってしまって、怪我を治すことが目的になっていない話をよく聞きます。この考えは非常に危険でして他の病気の場合もそうですが、特にむちうちの場合、 頭痛・首の痛み・背中腰の痛み・手のしびれなどの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鍼は痛い?

ある患者さんのお話で、針治療を受けていることを人に話すと必ず 「はりは痛いか?」 と聞かれるとのこと。「痛いこたーありゃせんよ」と答えると、「いや、痛いじゃろ、痛いけーわしゃー、はりせん。」といって紹介もできないそうです。こんな話を聞くと鍼灸師が説得するのはますます難しいなと感じます。しかし、当サイトをご覧の方の中には、知り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腱鞘炎

「腱鞘炎」 とは一般的には手首でおこるものをさしますが、じつは、「テニス肘・ゴルフ肘」や「ばね指」も病態としては「腱鞘炎」に含まれます。しかし今回は手首のいわゆる「腱鞘炎」についてに絞ってお話しましょう。原因としては反復的に動作することによっておこるものが一つ目にあげられます。私のような マッサージ師 や物書き(漫画家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五十肩

今回は 肩関節痛 について。肩関節が痛いというと一般的にすぐ、「四十肩、五十肩」なんて、三十歳の人でも八十歳の人に対しても使ったりしますが、狭義の医学的用語では 「五十肩」 というのが正式でして、五十歳前後の更年期におこる病気です。症状としては、痛みで、腕を上げたり後ろに回せなくなり、さらに悪化すると夜も眠られな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めまい・メニエール

今回はめまい・メニエール病について。一口にめまいといっても軽いものから重いものまであり、激しい症状になるとゲーゲーもどし入院しなければならないケースもあります。また、めまいは内耳神経が原因のケースがほとんどですが、稀に小脳の問題の時がありますので注意が必要です。教科書的には内耳神経の場合は、起き上がりなど体位が変わるときにおこり一方、小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

針治療の原理

針治療を勧められても、「はり」って怖そうだし、だいたい「はり」ってほんとに効くの?その原理は?って思う方は多いと思います。そこで、今回は 針治療の原理 この話は鍼灸業界でも議論になるくらいの話ですのでいろいろな切り口で諸説あげられますが、迷走してしまわないよう今回はゲートコントロールとかエンドルフィンとかインパルスとかプラシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鍼灸と整体の違い

あん摩・マッサージ・指圧の統合 の経緯はリンパマッサージ?の投稿で少しふれました。では鍼灸マッサージと整体の違いはなんでしょう?無資格者問題はさておきまして、今回は中身について。 マッサージと鍼灸 はセットで扱われることでわかる通り東洋医学になります。では整体は? 整体を英語でカイロプラクティク といいます。な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不眠症

患者さんがよく口にする言葉に「治療を受けだして夜眠れるようになりました。」があります。 腰痛・肩こり・膝痛・五十肩 などの外科的症状で来院したのに、意図せず主訴ではない内科症状の 不眠症 まで改善してよかったというケースです。ではなぜ、主訴以外の不眠症まで治ってしまうのでしょうか?睡眠は自律神経といって本人の意識と関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩コリの原因

英語では正確に 肩こり をあらわす言葉がないそう。あえていえばstiff neckだそうだが、これだと首ですね。stiff shoulderだと 五十肩 になってしまいます。日本語では日常会話では「肩」のさす範囲が広く、肩関節から僧帽筋のあたりまでいうので解剖学的なものと一致していません。これが原因。それはさてお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耳鳴り・突発性難聴

一口に耳鳴り・難聴といっても急性のものと老年性のものとは分ける必要があります。老年性のものは今回ははずして、ここでは、 急性の耳鳴り・突発性難聴 について。考え方としては、耳鳴りのさらに悪化したものがが突発性難聴と思ってもらっていいです。原因としては「内耳神経」への血行不良の問題であると考えられます(脳の病気は除外して)。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンパマッサージ?

マッサージ は元々西洋から治療法として明治期に入ってきたものです。日本においてはそれ以前よりあん摩術が確立しており、また当時流行した指圧と統合され、 あん摩・マッサージ・指圧師 なる長ったらしい名前の資格となり現在にいたっています。三つとも操作法は違いますがそれぞれに治療理論はきちんとあります。しかし、現状の「マッサー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛・ぎっくり腰

鍼灸院において腰痛 は患者さんの訴えで1番多いですものです。ひとくちに腰痛といっても症状、治療回数、期間などからいって、急性腰痛と慢性腰痛の2つに分けることができます。ですが、その種類と問わず 針治療は非常に高い効果 があります。さて、2種類の腰痛の違いはというと急性の場合を一般的に ぎっくり腰 といいます。か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨盤矯正?

患者さんから「骨盤が歪んでいるんですかね?」って質問されるときがあります。巷では 「骨盤矯正」 という言葉は一般的なもののようで、正直返答に困ります。「背中が曲がっていますかね?」という質問なら答えられるのですが・・・。解剖学的に考えると、仙腸関節のずれをなおすという意味なのか、それとも仙骨と第5腰椎のずれをなおすという意味なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋医学の源流

「流水は腐らず・・・」 のくだりからはじまるこの一節。私の大好きな言葉です。「呂氏春秋」の中の一節で 鍼灸治療の本質 を看破しています。この言葉を心に刻み治療にあたっております。ちなみにこの書物、呂不韋(りょふい)という人がつくらせたもので、後に秦の始皇帝の宰相(総理大臣)になった人です。さらにちなみに、横山光輝の漫画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児はり

小児はり は元々、関西でさかんにおこなわれ、行列をなすくらいの鍼灸院もあったとか。最近では スキンタッチ という形で普及活動に努めている鍼灸師もおられます。当院でも開業当初はおこなっていましたが、おとなの方の治療が1時間の予約制にしているため、短時間で予約なしの大人数をこなすことが前提の小児はりは無理があり現在はやめており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭痛

頭痛と鍼 について。頭痛は薬局でもこれだけ多くの頭痛薬がならんでいることからわかるように多くの方が悩まされている症状です。また、その多くが薬で誤魔化してやり過ごしているのが現状でしょう。すぐには頭痛と鍼が結び付きにくいようで、 肩こりなどと併発 をおこして来院となるケースが多いです。来院の前に病院での脳卒中の除外診断は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不妊症

「不妊症」の針治療について。 晩婚化の影響もあり不妊症で悩まれている女性はけっこう多いように思われます。病院においても不妊治療はありますが、「費用がかかる」「治療自体がきつい」などと耳にします。当院でも不妊症の訴えで来院される方はおられます。では、 針治療では どうするかといいますと足への治療が中心となります。女性特有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美容鍼

最近、巷でも話題になっている 美顔鍼(美容鍼) マドンナやジェニファーロペス、深田恭子や藤原紀香さんも通っているとか・・・。私が専門学校に通っていた当時はまだその言葉自体認知されていなかったように思います。その同じ時期、北京中医医院(現首都医科大学付属北京中医医院)に研修にいった時、重症の患者さんに混じって若い元気そうな女性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「針」と「鍼」

「針」と「鍼」 の違いについて。一般的に「針」といえば、縫い針(needle)のことをいいますが、はり治療用のはりは「鍼」と書きます。わざわざ違う漢字があるということはそれなりに理由がありまして、いちばんの違いは形状。その中でも気になるのは太さ。木綿針で0.84mm、絹針で0.56mm、普通地用の針で0.71mmだそうです。一方、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログOPEN

ブログをオープンしました! 鍼・灸・あん摩・マッサージ・指圧 のことだけでなく、思いついたことや身の回りの出来事を少しづつ更新していきますので、よろしくお願いします。 治療のご予約はこちら
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more