帯状疱疹

前回、肋間神経痛の投稿でふれた 帯状疱疹ヘルペス について。帯状疱疹ヘルペスは顔、脇、おしりと色々なところにでる可能のある病気ですが、一番特徴的なのは脇(肋間)なので肋間神経痛とあわせてお話しました。帯状疱疹は「みずぼうそう」の再燃だといわれています。一般的には一生に一度だけと知られていますが、どうも、抗生物質・高齢化などの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肋間神経痛

肋間神経痛 とは肋骨と肋骨の間を走る神経に沿って痛みのでる病気です。ですから、脇にかけて胸のあたりまで痛みが広がります。ひどくなると、大きく呼吸したり、咳をしただけで痛みが誘発される状態になります。普通痛みが出やすい首とか腰とかに比べ、肋骨という支えがあるため、むしろあまりみられない少ない病気になります。単に肋間神経痛であれば、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊婦さん

妊婦さんは様々な体調不良がでやすいです。しかし、病院では胎児への影響を考え薬の処方もできないしレントゲンも撮れないということでほぼ処置なしになっているのが現状です。今まで、個人的ケースの話は避けてきましたが、今回は勘弁していただいて実際にあった苦い思い出をお話します。その妊婦さん妊娠8カ月で、 咳 が3カ月もずっと続いていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節痛

「股関節が痛い」というとき、どこが痛いのかきちんと確かめる必要があります。「股関節」と一口にいっても色々意味があって(骨盤矯正の投稿でも述べましたが、「股関節」とはどうとでも意味がとれる言葉でいつも困らせる言葉の一つです。)一番多いのは、は太もも前側の付け根(鼠径部)が痛むもの。これは、腰からでている坐骨神経の枝はほとんど太ももの後側と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性喉頭炎(嗄声)

嗄声は「させい」とよみます。かれ声のことですが、この場合は単にハスキーボイスのことでなく、朝起きたら声がでなくなってしまっている病気のことです。病院にいくと 急性喉頭炎 の診断名がつきます。もうすぐ地方選挙ですが立候補者の中には急性喉頭炎になってしまう人もでてくるでしょう。一般的には教員の方が人数からいっても多いです。過去に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッサージのやり方

以前のリンパマッサージの投稿で少しふれましたが、今回はもう少し深く当鍼灸院の マッサージのやり方 について説明しますマッサージのやり方。マッサージといえば、リンパマッサージに代表されるオイルなどを使って直接撫で擦るリラクゼーション的なマッサージを想像しますが、 1・皮膚には直接触らず、「てぬぐい」を使って間接的に指頭の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テニス肘

今回は テニス肘 これもまた腱鞘炎の一種になります。テニスの愛好者はとにかく練習します。平日であろうと休日であろうと。だから肘だけでなく膝も痛めたりして体のいたる所にサポーターやテーピングをして満身創痍でやっている方が多いです。こんな具合で症状が慢性化していきテニス肘になります。なってしまうと、1年以上テニスを休んだというの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more